本文へスキップ

宗庵 よこ長は、佐賀県嬉野市嬉野町の温泉湯どうふ発祥のお店です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0954-42-0563

〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2190

コンセプトconcept

コンセプト

店内イメージ

 当店の初代が豆腐と温泉水との不思議な関係、豆腐を温泉水で炊くと白濁し、溶けだしトロけるような食感になることに着目し、それを料理に活用したことから始まります。昭和三十二年以来元祖。人気グルメ漫画にも掲載されました。長年の間守り続けてきた当店の味をぜひ一度ご賞味あれ。
                          店主 敬白
 嬉野温泉発祥の店宗庵 よこ長は、温泉湯どうふにこだわり、直営豆腐工場にて嬉野産大豆100%使用のこだわり豆腐を製造しております。素材や濃度、固さ等様々な事にこだわり温泉湯どうふに最適の豆腐が出来上がります。その豆腐を使って作る温泉湯どうふは、絶品です。
 当店の温泉湯どうふは、煮汁に味がついております。煮汁ごとタレをつけずにお召し上がり頂ける湯どうふです。お客様のお越しをスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。


大豆へのこだわり

料理イメージ

こだわり。とろ〜り。幸福食感。
大豆は、佐賀県嬉野産大豆を使用した豆腐です。JAさがの安心システムよる確かな体制で安心な大豆を使用しています。安心システムとは、@《安全な作物づくり》生産基準に従って生産されていること。A《トレーサビリティの徹底》この内容が遡及できるシステムが生産・加工・流通の各工程において構築されていること。B《情報開示》一連の情報が正確に発信できるしくみがあること。 
    


豆腐へのこだわり

 直営豆腐工場で製造される豆腐。
 豆腐は、素材にこだわりJAの安心安全システムにより作られた嬉野産大豆を100%使用し、作っております。
 長年培ってきた技術を用いて、温泉湯どうふに最適の豆腐にするため素材、濃度、固さ等様々なところにこだわりがある豆腐です。
 このこだわり豆腐は、直営工場直売所および本店お食事処「宗庵 よこ長」にて販売しております。
 その他にも、濃厚で柔らかいおぼろ豆腐、ざる豆腐等も販売しております。新商品も続々登場しますのでご期待下さい。


温泉湯どうふへのこだわり

食材イメージ

 古来、嬉野温泉のお湯(弱アルカリ泉)は、胃腸に良いとされています。名物湯どうふは、このお湯を使って調理したものです。
 当店の初代が実家の豆腐屋でお湯と木綿豆腐との不思議な関係(お湯で炊くと柔らかくなり、とろける)に着目し、それを料理に入れ活用したことから始まります。
 お湯は、豆腐の旨みを引き出すと共にとろける様に柔らかくなるので、口当たりが一層滑らかになります。当店では、このとろけて白濁した湯汁に長年の工夫による味付けをしています。
 まず薬味を鍋に入れ、湯汁ごとお召し上がり下さい。その後、湯ど
うふの具を旨味たれにつけてお召し上がり下さい。(マンガ美味しん
ぼ39巻掲載)
                     宗庵 よこ長 店主敬白


店舗イメージ

shop info.店舗情報

宗庵 よこ長

〒843-0301
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2190
TEL.0954-42-0563
FAX.0954-42-0563